SDGsウインターキャンプ2023 in 横浜市 —2日目:12/17(日)

SDGsウィンターキャンプ2日目は、株式会社ディー・エヌ・エーさんと株式会社アットヨコハマさんのご協力の下、横浜公園で次世代型歩行領域EVのC⁺walk (シーウォーク)の試乗体験を実施しました。
C⁺walkは「Mobility for all〜すべての人に移動の自由を〜」をテーマにトヨタ自動車株式会社さんが開発したモビリティで、すでに一般販売されている乗り物です。さまざまなライフステージで人々の移動をサポートし、自分の力で出かけたい。まだまだ働きたい。そんな方々をサポートする新たなモビリティです。

現地では、株式会社アットヨコハマから試乗方法をレクチャーいただき、横浜公園を一周しました。シンプルな操作で皆さん上手に乗りこなしていました。
乗り降りしやすい高さのステップや下り坂、人やものを検知すると、自動的に減速するなど、様々な安全機能も搭載されています。また、走行中に観光音声ガイドも流すことができるようなので、観光にも活かせるかもしれません。
C⁺walkが普及し、様々なライフステージの方が、楽しく移動することができるようになり、更に住みやすい街になることを期待して!

試乗後はヨコハマスタジアムに移動し、BALLPARK FANTASIA(ボールパークファンタジア)を楽しみました。今年はハマスタがおもちゃ箱に変身し、昼も夜も楽しめるアクティビティ&イルミネーションが開催されていました。
ヨコハマSDGsデザインセンターでも、12/10に「出張図工室チョキペタス」を開催し、270名の方にご参加いただきました!

最後は、株式会社ディー・エヌ・エーの長野様から、DeNAの地域での取り組みをご紹介いただく特別講義を行っていただきました。

DeNAさんはスポーツ×まちで描く成長をテーマに活動しています。

横浜DeNAベイスターズ以外にも、川崎ブレイブサンダースやSC相模原も保有しており、スポーツチームと連携し、街の活性化、賑わい創出を目指しています。
街づくりに興味があるメンバーも多く、たくさんの質問が飛び交いました!長野様、ありがとうございました!

今回のウインターキャンプにご協力いただいた、『赤レンガ倉庫さん』『日揮さん』『DeNAさん』『アットヨコハマさん』
皆さんのご協力のおかげで、デザイン部はとても貴重な経験、そして学びを得ることができました!本当にありがとうございました!

今年度のデザイン部の最後の活動は、3月に1年間取り組んだプロジェクトについて自分たちの手でまとめ、発表会を実施しました。
デザインセンターのHPでもその模様をお伝えしますので、乞うご期待ください!

Back to top