6月開催:SDGsとアートトークショー2023に登壇しました!

6月19日(月)

横濱ゲートタワーにて、SDGsとアートのトークショーが開催され、

経営企画コーディネーター 髙山が登壇しました。

 

横浜におけるSDGssの目指すべき方向性や、

アートから見たSDGsをテーマにトークショーが行われました。

 

トークショーでは

1.SDGsトーク:『ヨコハマSDGsデザインセンターの取り組みについて』

2.アートトーク:『アートはSDGsか?』

3.トークセッション:『SDGsへのアプローチ』

が行われ、終了後には『SDGsとアート交流会』と題して、意見交換が行われました。

 

 

『ヨコハマSDGsデザインセンターの取り組みについて』では、

改めてSDGsの考え方を振り返り、これまでのヨコハマSDGsデザインセンターの取り組みから、

今後の目指すべき方向性についての説明を行いました。

 

『アートはSDGsか?』では、

『ぴあ』美術記者を経てフリーランスの画家でもあり、BankARTスクール校長でもある、

美術ジャーナリスト 村田 真 氏から、アートとSDGsの関係について、様々なアートを例にしてトークが繰り広げられました。

 

 

トークショーのラスト、SDGsとアートのトークセッション『SDGsへのアプローチ』では、

進行役に株式会社 アバン アソシエイツ 取締役 計画本部長 伊藤 隆彦 氏をお迎えして、

現在関心のある(注力している)項目はなにか、アートで出来ることは何かなどについてのトークセッションが行われました。

トークショーの3つのプログラムを通じて、

SDGsの理解が、さらに深まったとともに、アートとSDGsの関係についても考えるきっかけになりました。

 

7/20(木)18:00~第2回『SDGsとアートのトークショー』が開催されます

デザインセンターからは総合コーディネーター麻生が登壇し、『企業のSDGsと文化芸術との関係性』について、講演させていただきます。

 

ヨコハマSDGsデザインセンターでは、引き続き、幅広い方々にSDGsの発信を行うとともに、

サステナブルな世界の実現に向けて積極的な活動を推進してまいります。

 

SDGs経営の相談対応やセミナーなども実施しておりますので、関心がある方はお気軽にお問い合わせください。

Back to top